仁川台の住まい

仁川台の住まい1

この住まいは、阪神大震災を経験した築45年ほどの木造住宅のリノベーション。

敷地は、阪急今津線より少し山側に入った比較的区画がゆったりした静かな住宅街に位置し、住まい手はこの古い家をご両親より引き継ぐこととなり、耐震改修を含めた全面改修を行うこととなった。

設計に当たって、まず現地調査を行い現状の耐震性を調査し、その上で、耐震改修計画をたてた。予算的な関係から外壁側を大きく工事することはひかえ、内部側より構造用合板を貼り、耐震性を上げていくと同時に、その耐震性を伝えるための基礎が大きく割れ、また全体的に東西に傾いていたため、その補強として建物内部から新たに鉄筋コンクリートのべた基礎を施工し、既存基礎を抱き込む形で補強を行った。これによって建築基準法の耐震性能の1.3倍の強度を確保することが可能となった。

また、この住まいは耐震改修基準にのっとって行い、行政の耐震改修補助金制度を利用し100万円の補助を受けることができた。

建築計画においては、育ち盛りの男のお子さんが3人とご夫婦、長期滞在するご両親(1人)といった家族構成に対して、限られたスペースの中でゆったりくつろげる空間、また子供が動き回れる空間の確保と、最小限に抑えた個室という考え方で構成されている。

建築デザインのおいては、住まい手が古いものにも愛着を感じていたこともあり、既存木製建具を内部の障子等に再利用したり、外観も現状のデザイン、形態のいい部分を生かして整理し、全体として古くて新しい感じ、変に新しくなりすぎない感じ、逆に古いものに媚びることのないフレッシュな空間というものを意識して、全体のデザインを決定した。

 

仁川台の住まい2

 

 

仁川台の住まい3

 

 

仁川台の住まい4

 

 

仁川台の住まい5

 

 

仁川台の住まい6 仁川台の住まい7

 

仁川台の住まい8 仁川台の住まい9

 

 

仁川台の住まい10

 

 

仁川台の住まい12

 

所在地:宝塚市仁川台
主要用途:専用住宅
家族構成:夫婦+子供3
構造:木造
階数:地上2階
敷地面積:295.25㎡
建築面積: 90.22㎡
延床面積:119.18㎡

屋根:既存瓦葺きのまま          外壁:サッシ廻り補修の上 断熱塗料ガイア吹付
建具:アルミサッシ新設/木製建具    内部床仕上:パインフローリング
内部壁仕上:和紙クロス貼         内部天井仕上:杉板貼
断熱:天井のみ高性能グラスウール