住まい・建築へのアプローチ

<はじめに>

concept01わたしたちアトリエの考える住まいや建築は、場所や使う人、規模や考え方が常に異なり、そのために計画はニュートラルな位置からスタートし、さまざまな試行錯誤を繰り返しながら、1つの家のかたち、建築の形を模索し、出来上がってきています。
したがって最初から強いコンセプトや形があるわけではないのですが、計画を進めるにあたっての、アプローチの仕方や大事にしたいと思うことがあります。それは常に完全で、すべてではないのですが、住まいや建築を考える上でのベースになっているのだと思います。

<住まい手とコラボレーションによる新しい住まいかたち>

concept02わたしたちが造る住まいは、住まい手がいなければ始まりません。その住まい手の考えや、スタイルは常に多様で異なるため、その考えやスタイルを受け入れ、時間をかけて整理し、具体的な形へ一緒になってまとめていくことは常に新鮮です。しかしお互いに大変エネルギーの要る作業でもあります。時にはさまざまな条件や、意見の食い違いにより、壁にぶち当たる時もあります。そんな場合も互いに信頼しあい、密にコミュニケーションをはかり、意見を交換し、よりよい方法を考え抜きます。そして結果、わたしたちと住まい手とのコラボレーションによって生み出されるものは、常にわくわくさせられ、新しい発見があり、かけがえのない新しい住まいのかたちとなることを目指しています。

<心に響く建築を創りたい>

concept03音楽が人の心にやすらぎや勇気や、さまざまなことを与えてくれるように、建築空間は豊かさ、やすらぎや、さまざまなことを心にもたらし刺激してくれると考えます。
とりわけ住まいは人間にとって、もっとも大切な基本的な場所、戻る場所、よりどころとなる場所です。その住まいが心を開放し、心に力をあたえ、心を豊かになるように刺激をあたえられるような、心に響くような場所となるように常に考えて行きたいと思っています。

 

 

 <シンプルで美しく30年後も愛せる住まいを>

concept04住まいは同じ人が30年,40年と長く住み続けるものです。その間、少しずつライフスタイルも変化し、社会や環境も変化していきます。住まいもその変化を受け入れてなお、住まい手とともに活き活きとした状態で、いい意味で古くなっていく、朽ちてゆくようなあり方、味わいがでてくるようなあり方がいいと考えます。それには住まい手にとっても、環境に対しても、変わらない、変わりにくい一定の価値観の上になりたった多様性をも受けとめられる、おおらかさ、シンプルさ、又、古くなってもなお、愛せる、あせることのないシンプルな美しいさが大切だと思います。

 

 

<どう楽しく住まうか、それを考えましょう>

concept05住まい造りはハードを造ることですが、そこに生活する人の生き方、あり方、楽しみ方といったソフトを受け入れる器を造ることだと思います。
昨今、さまざまな商業的な情報の為、住まいの性能やそれと関係した材料ばかりが目立って、いつの間にか住まいを考える=性能や材料を考えることが第一優先になって、それだけでおなかいっぱいなっている人が多いように思います。極端な言い方をすれば、部屋数や広さという物差しだけで出来た簡単な間取りで、家族構成や生活パターンを当てはめて納得させられているように思います。
わたしたちがまず第一に大切にしたいのは、どう楽しく住まうかを考えることです。その上でその住まいや住まい手を支えるために技術を考えたいと思っています。

住まい・建築への取り組み

<耐震改修補助金を利用した安全で快適な住まいづくり>

<CM分離発注方式を利用したすまいづくり>

<国産材の積極的な利用>

<パッシブデザインへの取り組み>